1972 1972年(昭和47年)第21回複十字シール運動を実施。封筒は10枚組を5枚組に変更。5月15日、琉球結核予防会が結核予防会沖縄県支部として復帰、琉球独自で発行していたシールも本会発行のもので一本化された。沖縄本土復帰記念シール(守礼の門)発行。
募金額:27,610万円

第22回国際結核会議記念  梅  椿  沖縄本土復帰記念
72小型シール 72大型シール
テーマ
デザイナー
アートディレクター
種類
印刷
日本の花木「椿・梅」
椿本僖一・早乙女喜栄子
永井一正
小型4面・大型50面
グラビア5色/大蔵省印刷局
複十字シール運動

ページを閉じる