2015 「安野光雅」小さな美術館
今回は、里山の懐かしい情景がテーマです。
春先には田んぼを耕して苗を植え、秋には稲刈り、脱穀、籾すりをしてようやく米の収穫にたどりつきます。そんな日本のどこにでもある懐かしい里山の営みをシールの世界で表現しました。

募金額:226,856,215円

         
2015小型シール 2015大型シール
シールデザイン 
種類
印刷
安野光雅
小型6面・大型24面
オフセット印刷4色/依田印刷(株)

ページを閉じる