ごあいさつ
width="100"
ご挨拶

工藤 翔二・くどう しょうじ
結核予防会理事長

結核予防会(JATA)は昭和14年(1939年)設立以来、日本の結核対策と研究を推進する中核的な役割を果たしてきました。この75年以上にわたる官民一体となった多くの先達の努力によって、戦前戦後の罹患率人口10万対600を超えた結核高まん延社会を脱して、罹患率10万対14.4(2015年)まで低下させることができました。今、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの年までに、低まん延国(10万対10以下)を実現すべく努力を続けています。しかし、世界では今なおアジア・アフリカを中心に毎年960万人が新たに発病し、150万人が死亡しています(2014年、WHO)。日本でも外国出生者の結核患者が増加し、20歳代ではすでに50%以上が外国出生者です。今は、日本の結核対策とアジア・アフリカの結核対策を一体として進めなければならない時代なのです。
結核予防会は、総裁秋篠宮紀子妃殿下のもとに、結核を激減させた日本の結核対策技術をさらに発展させて、日本と世界の結核を一日も早く制圧するために、これからも力を注いで参ります。そして、「健康日本21(第二次)」が示す肺がんやCOPD(慢性閉塞性肺疾患)などの肺疾患と、糖尿病や循環器疾患など生活習慣病の予防を軸に、国民の健康維持発展に努めます。
今、結核予防会は、以下のような事業を進めています。日本の結核研究で中核的な役割をはたしてきた結核研究所と高度結核専門施設に指定されている複十字病院が、結核の研究と対策に求められている役割を果たすこと。アジア・アフリカの10カ国で進めている国際的な結核予防会の結核対策事業を推進すること。肺がん、大腸がん、乳がんの「東京都(病名別)がん診療連携協力病院」に指定されている複十字病院と、国内「サルコーマ(肉腫)ボード」で肉腫手術センターの役割を果たしている新山手病院が、JATAグループ病院として一体的な医療を推進すること。総合健診推進センターと全国の各支部が進めている結核・肺がん・COPDなどの肺疾患と糖尿病や循環器疾患など生活習慣病を軸にした健診と人間ドック、とりわけ全国組織である結核予防会の特徴を活かしたネットワーク事業を推進すること。
やるべき課題は大きいですが、結核予防会の本部と各事業所ならびに全国47都道府県の支部の皆さまはもちろん、関係諸団体,本会に連なるすべての皆さまのご助言とさらなるご支援を頂ながら、歩みを進めて参りたいと思います。どうかよろしくお願いします。

平成28年 8月22日 更新



ページの先頭へ戻る