寄附金控除・表彰制度

寄附金控除(税制優遇)

結核予防会は、内閣府より公益財団法人としての認定を受けています。結核予防会へのご寄附は、特定公益増進法人への寄附となり、税法上の優遇措置が適用され、所得税、法人税、相続税などの控除を受けることができます。

「複十字シール募金」は結核予防会への寄附となり、税法上の優遇措置が適用されます。

※所得税、法人税、相続税についての詳しいお問合せは、最寄りの税務署までお願いいたします。

個人によるご寄附

所得税

  • 「税額控除」と「所得控除」の二つの方法から、有利な方法を選ぶことができます。
  • 確定申告を行う必要があります。その際、結核予防会発行の「領収書」が必要です。
  • 「税額控除」を選ぶ場合は、あわせて結核予防会よりお送りする「税額控除に係る証明書」が必要となります。

【税額控除の場合】
寄附金額から2,000円を差し引いた金額の40%相当額が所得税額から控除されます。
例)1万円を寄附した場合
(10,000円-2,000円)×40%=3,200円
※控除額は、所得税額の25%が限度となります。
※年間所得金額の40%が限度となります。

【所得控除の場合】
下記の算式により算出した額が寄附金控除として、所得税から控除されます。
(寄附金額-2,000円)×所得税額率=控除額
※所得税率は、課税所得により税率が異なります。
※年間所得金額の40%が限度となります。

住民税

自治体の条例で、結核予防会を税制優遇の対象としている場合(各自治体にご確認ください)、個人住民税の控除の対象となります。

法人によるご寄附

ご寄附は損金算入することができます。
寄附金の合計額と寄附金の損金算入限度額のいずれか少ない金額が損金に算入されます。

特定公益増進法人に対する寄附金の損金算入限度額(1年決算法人の場合)
(資本等の金額×3.75/1000+所得金額×6.25/100)÷2

相続財産からのご寄附

相続税の申告期限内のご寄附と相続税の申告により、相続税が課税されません。

表彰制度

年間50万円以上を寄附いただいた個人様と年間100万円以上を寄附いただいた団体・法人様に、結核予防会の規程により、総裁感謝状を贈呈させていただきます。毎年、総裁秋篠宮妃殿下のご臨席のもと贈呈式を行っています。

ご芳名の公開

1万円以上の寄附金のご協力をいただいた場合、感謝の意を込めて、結核予防会機関誌「複十字」にご芳名を掲載させていただきます。※匿名を希望される場合は掲載いたしません。