募金の使いみち

複十字シール募金は、結核と胸の病気をなくすための活動に役立てられます。

募金報告

皆さまよりお預かりした募金は、以下の通り、大切に使わせていただきました。
あたたかいご支援に深く感謝申し上げます。

平成29年度複十字シール募金報告

  • 募金総額
    2億1,429万7,045円
  • 益金
    1億9,010万6,492円(諸経費除く)

平成29年度益金使途内訳

普及啓発 105,006,226円(55.3%)
国際協力 50,053,936円 (26.3%)
事業助成 33,653,143円 (17.7%)
調査研究 1,393,187円 (0.7%)

募金による活動紹介

皆さまの募金により、以下のような活動を行っています。

普及啓発・事業助成

正しい知識の普及啓発・結核予防団体の支援

全国での結核予防の啓発キャンペーンの実施、結核についてわかりやすく解説した教育広報資材の作成と配布、講習会の開催等により、一般の皆さまに結核の正しい知識をお伝えしています。

また、各地で結核予防の啓発活動に取り組む団体への助成を行っています。

普及啓発・事業助成

国際協力

開発途上国の結核対策支援

日本の技術や経験を活かして、医療従事者に対する技術指導、患者さんを支える住民ボランティアの育成、正しい知識の普及啓発、現地の結核予防団体の活動支援を通じて、一人でも多くの人が結核の適切な診断や治療を受けることができるよう支援しています。

結核がまん延しているアジアやアフリカの国々(ザンビア、ネパール、カンボジア、ミャンマー等)での活動を支援しています。

国際協力

調査研究

結核や肺がん等をはじめとする呼吸器疾患の研究・調査